テリワンレトロ

【テリワンレトロ】攻略がグッと楽になる!定番のおすすめモンスター

こんにちは。マーク(@marklog0323)です。

この記事では『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドRETRO』のおすすめモンスターを紹介します。

『テリワンレトロ』には攻略がグッと楽になる定番のモンスターが何体かいるんですよね。

この記事の信頼性

この記事は「星降りの大会」優勝経験が10回以上あるモンスターマスターが書きました。

はじめに

受け継ぐ特技の法則

配合で生み出したモンスターは、親の特技を受け継ぎます。

受け継ぐ特技の法則は下記の2つを覚えておけばOKです。

  1. 配合時に親が覚えていた特技を受け継ぐ
  2. 親が本来覚える特技はかならず受け継ぐ

配合したときに親が覚えていた特技を受け継ぐ、というのが基本です。忘れさせた特技は受け継げません。

ただし、親が本来覚える特技は、かならず受け継ぎます。忘れさせていても、覚えるレベルに到達していなくても、かならずです。

親が本来覚えない特技を受け継がせたい場合、その特技を覚えるまでレベルを上げる必要があるよ
管理人

おすすめモンスター早見表

モンスター おすすめ配合

グリズリー
獣系×ひょうがまじん(お見合い)
ファーラット×グレムリン

キメラ
鳥系×ドラゴン
鳥系×リザードマン(お見合い)

ホークブリザード
鳥系×ひょうがまじん(お見合い)

キラーマシン
物質系×グリズリー

ユニコーン
獣系×スライムファング

キングレオ
キラーマシン×ユニコーン

ホーンビートル
よろいムカデ×悪魔系

ロックちょう
鳥系×ライバーン(お見合い)
ヘルコンドル×ゴーレム

獣系は優秀なモンスターが多いですね。レベルアップが早い鳥系は、特技のランクアップも早いので強いです。

定番のモンスターばかりなので、お世話になったマスターも多いはず
管理人

おすすめモンスター

グリズリー

系統 獣系
特技 しっぷうづき/あしばらい/もろばぎり
配合例 獣系×悪魔系など
おすすめ配合 獣系×ひょうがまじん(お見合い)
ファーラット×グレムリン

序盤の鉄板モンスターの一体で、攻撃力が異常に伸びます。中盤はキラーマシンの親に、キラーマシンはキングレオの親になるので、最後まで無駄がありません。

Eクラスクリア後、テトの「ひょうがまじん」とのお見合いに獣系モンスターを出すだけで手軽に生み出せます。ひょうがまじんから「だいぼうぎょ」を受け継げるのが魅力。テトは闘技場に入って右側にいます。

ファーラット×グレムリンの配合で生み出せば、「みかわしきゃく」と「ベホマ」で「ハッスルダンス」を思いつくことができます。ステータスの関係でグリズリーが思いつくことはほとんどありませんが、配合で特技を受け継いだモンスターが思いつくことができます。

どちらかといえば「だいぼうぎょ」を覚えられる「ひょうがまじん」とのお見合いがおすすめです。

キメラ

系統 鳥系
特技 つめたいいき/ホイミ/ラリホー
配合例 鳥系×ドラゴン系
おすすめ配合 鳥系×リザードマン(お見合い)

キメラも序盤の鉄板モンスターの一体です。グリズリーには及ばないものの攻撃力が伸び、レベルアップが早く、覚える特技も便利なものばかり。キメラかグリズリーがいれば、Fクラスは楽勝でしょう。Eクラスにも手が届きます。

Eクラスクリア後、ミッキーのリザードマンとのお見合いに鳥系モンスターを出すのが一番つよいです。ミッキーのリザードマンからは「ザオラル」「だいぼうぎょ」を受け継げます。闘技場の奥にいるマドハンドにジャンケンで5回連続で勝つとミッキーに会えます(チョキ、グー、チョキ、パー、チョキで5連勝)。何度か話しかけると、お見合いできます。

Dクラスをクリアしたら、キラーグースを経由させて「ロックちょう」を生み出すのがおすすめです。詳しくは後述の「ロックちょう」の解説をどうぞ。

ホークブリザード

系統 鳥系
特技 つめたいいき/ザキ/マヒャドぎり
配合例 鳥系×ひょうがまじん
おすすめ配合 ドラキー×ひょうがまじん(お見合い)

テトとのお見合いに鳥系モンスターを出すとホークブリザードが生まれます。レベルアップが早いので、早々にランクアップする「こおりのいき」「かがやくいき」が強力。素早さも高いので、ドラキーから「ラリホー」を受け継がせると便利です。

キラーマシン

系統 物質系
特技 れんぞくこうげき/しっぷうづき/さみだれぎり
配合例 物質系×グリズリー
物質系×スカルライダー
おすすめ配合 物質系×グリズリー

優秀な特技のオンパレードです。物質系×グリズリーで生み出せるので、適当なタイミングでキラーマシンに切り替えましょう。グリズリーと比べると攻撃力は劣りますが、キングレオの親になれるので、優秀な特技を受け継がせることができます。

ユニコーン

系統 獣系
特技 ホイミ/ザオラル/キアリー
配合例 獣系×スライムファングなど
おすすめ配合 獣系×スライムファング

回復のエキスパート。「キアリー」「ザオリク」は最後まで必要な特技です。スライムファングは「やすらぎの扉」のボスで、かならず仲間になります。

ステータスは高くないので、心許なくなってきたら、キラーマシンと配合してキングレオを生み出しましょう。

キングレオ

系統 獣系
特技 れんぞくこうげき/つめたいいき/ギラ
配合例 キラーマシン×キラーパンサー
キラーマシン×ユニコーンなど
おすすめ配合 キラーマシン×ユニコーン

テリワンを代表する強モンスターです。最後まで活躍できます。

グリズリーからキラーマシン、キングレオと生み出すのは、テリワンの黄金配合ルートです。キラーマシンやユニコーンから優秀な特技を受け継ぎましょう。血統にするのは獣系のユニコーンではなく、物質系のキラーマシンなので注意。

ホーンビートル

系統 虫系
特技 いなずまぎり/あくまぎり/がんせきおとし
配合例 よろいムカデ×悪魔系
おすすめ配合 よろいムカデ×悪魔系

キングレオに並ぶステータスの高さを持ちます。生み出すのも簡単ですが、特技の貧弱さが難点。有用なのは「よろいムカデ」の「バイキルト」くらいです。

よろいムカデをテトのメーダとのお見合いに出せば、「ホイミ」「さそうおどり」「レミラーマ」を受け継げます。「みかわしきゃく」と「ベホマ」で「ハッスルダンス」を思いつくこともできます。テトのメーダとのお見合いはCクラスクリア~Bクラスクリアまでです。

悪魔系モンスターを、ミッキーのリザードマンとのお見合いで生み出したライオネックにすれば、「ホイミ」「ベホマラー」「ザオラル」「だいぼうぎょ」を受け継げます。ライオネックはレベルアップが遅く、「ザオラル」を覚えられるのもLv.15以上になりやすいのが難点。

ロックちょう

系統 鳥系
特技 くろいきり/アストロン/タッツウしょうかん
配合例 鳥系×ライバーン
ヘルコンドル×ゴーレムなど
おすすめ配合 鳥系×ライバーン(お見合い)
ヘルコンドル×ゴーレム

レベルアップが早く、HPが異常に伸びるモンスターです。ライバーンとのお見合いで簡単に生み出せるのも特長。「アストロン」は、野生のモンスターに肉をあげるのに便利です。

クリアまでなら、キメラ×しりょうのきし(お見合い)=キラーグース、キラーグース×ライバーン(お見合い)=ロックちょうの配合ルートで、「さそうおどり」役にするのがお手軽でおすすめです。「しりょうのきし」はミッキーと(Dクラスクリア~「いかりの扉」クリア)、ライバーンは酒場のマチコとのお見合いです(「いかりの扉」クリア~Aクラスクリア)。

クリア後まで見据えるなら、キメラ×しりょうのきし(お見合い)=キラーグース、キラーグース×ネジまきどり=ヘルコンドル、ヘルコンドル×ゴーレム=ロックちょうの配合ルートがおすすめです。ヘルコンドルを経由することで「ベホマズン」を受け継げます。鳥系はレベルアップが早いので、育成も楽です。

どちらの配合ルートでも「バイキルト」「レミラーマ」を覚えているモンスターがいない場合は、キラーグースとビーンファイターとの配合で生み出せる「はなカワセミ」を経由するといいでしょう。

  • この記事を書いた人

マーク

ゲーム・漫画・アニメが好きなブロガーです。アフィリエイトで月40万達成。永遠のオタクです。

-テリワンレトロ

© 2021 MARKLOG