生活

生まれて初めて胃カメラ飲んできた!内視鏡検査の体験談

こんにちは!マークです!

今日は生まれて初めて胃カメラを飲んできたので、その体験談を書きます!

「全然サブカルじゃねぇw」というツッコミが聞こえてきそうですが、まぁ、サブカル限定ブログってわけじゃないし、せっかく体験したんでねw

「初めての胃カメラめっちゃ不安なんだけど…」という方の参考というか、前向きな気持ちになればと思います。

前日の夜から絶食

まず、前日の夜から絶食でした。

私は朝9時から検査だったからか、前日の夜9時以降は水以外、何も摂取しちゃダメだよっていわれました。

前日の晩ご飯は消化のいい食べ物を、ということだったので湯豆腐にしました。

お腹は減るけど、このくらい全然平気。

いよいよ胃カメラを飲む

そして、当日。

エコーと採血を終え、いよいよ胃カメラ…!

まずは胃の中を綺麗にするという薬を飲み、次に不味いゼリーみたいなやつを5分ほど口に含みました。口の中に違和感が広がっていったから、たぶん麻酔の一種だと思う。

今度は別の不味い薬を飲みます。さっきのゼリーより不味いけど、余裕で我慢できる味。

そして、横向きに寝て、口を開けるプラスチック製の器具をつけられ…

寝ましたw

起きたら別の部屋でした。

はい!胃カメラおしまい!

どういうこと?

胃カメラって聞くと痛い、苦しいというイメージが先行しますが、今は鎮静剤で意識が朦朧とした状態や、眠っている状態でできるんですね!

事前にどの程度の鎮静を希望するか聞かれており、私は完全に眠りたいことを伝えていました。

胃カメラ飲んでる間の記憶は一切なく、起きたら2~3時間くらい経ってました。

検査中に一瞬目を覚まして苦しかった気もしますが、ただの夢かもしれません。マジでわからん。

どうやって別の部屋に連れていかれたのかもわかりません。多分、私が自分で歩いてる。これは全然記憶にないです。

ただ、喉がちょっと痛いですね…。そんなもんなのかと先生に相談しましたが、大丈夫みたいです。まぁ、カメラなんて飲み込めば、多少は喉も痛むか~。

2020年2月17日 追記

喉に何か引っかかってるような痛みでしたが、2~3日で治りました。

まとめ

正直、麻酔やら鎮静剤やらがないと、私には無理だったと思います。医学の進歩には本当に感謝です。

結局、この記事の内容は「鎮静剤で寝てたので、痛くも苦しくもなかったよ!」というだけの話なのですが、「病は気から」といいますし、私と同じように初めての胃カメラに不安を感じている方の参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です