FE風花雪月

【FE風花雪月】「青獅子の学級」オススメの育成方針 ルナティック編

『ファイアーエムブレム 風花雪月』の、オススメの育成方針を紹介します。難易度はルナティックに準拠。今回は「青獅子の学級」編です。

この記事の信憑性

この記事は、引き継ぎなし、追加コンテンツなしで全ルート「ルナティック」クリア済みのエムブレマーが書きました。

オススメの育成方針早見表

ユニット 兵種
ディミトリ 飛行A+「警戒姿勢+」を習得してハイロード、マスターロードになる
ドゥドゥー ブリガンド「鬼神の一撃」、ウォーマスター「切り返し」を習得して、ウォーマスターとフォートレスを使い分ける
フェリクス アーチャー「命中+20」を習得してスナイパーを目指す
アッシュ アーチャー「命中+20」、ブリガンド「鬼神の一撃」を習得してスナイパーを目指す
シルヴァン ブリガンド「鬼神の一撃」を習得してドラゴンマスターを目指す
メルセデス メイジ「魔神の一撃」を習得して、ビショップを経由してグレモリィを目指す
アネット メイジ「魔神の一撃」を習得してダークナイトを目指す
イングリット ペガサスナイト「飛燕の一撃」を習得してファルコンナイトを目指す

ルナティック定番の育成方針です。

ユニット別オススメ育成方針

ディミトリ

専用武器「アラドヴァル」が槍なので、槍術を伸ばすのがセオリーです。騎馬兵種に向いていますが、本作の騎馬兵種は速さの成長率にマイナス補正がかかるので、できるだけ避けたいところ。成長率が優秀なので、ちょっとくらい騎馬兵種で過ごしても問題ないですけどね。

第二部になると、個人スキルに「HPが満タンのとき回避+20」の効果が追加され、飛行A+「警戒姿勢+」と併せることで回避に期待できるユニットになります。

指揮C「怒りの陣」、指揮A「待ち伏せの陣」による地雷運用も非常に強力。騎士団戦力1/3以下が条件なので、個人スキルの効果の回避+20と両立させることができます。

マスターロード

育成ルート 貴族★→兵士★→ロード→ハイロード→マスターロード
推奨スキル 槍術、槍必殺+10、怒りの陣、待ち伏せの陣、警戒姿勢+
解説 第二部で固有兵種が解禁されるまで、飛行を伸ばしつつロードで過ごすルート。飛行兵種にならないので、飛行を伸ばしにくい。個別指導は、すべて飛行を伸ばす

ドゥドゥー

典型的な重装兵種向きのユニットです。個人スキルや外伝の騎士団もあって、ルナティックでも通用する壁役になることができます。ただ、ルナティックでは弓兵が「蛇毒」を持っているので、使いどころは選ぶ必要があります。

フォートレスに就くだけでも壁役として活躍できますが、格闘術C+「カウンター」、ウォーマスター「切り返し」を習得することで、追撃されない壁役になることができます。

フォートレス

育成ルート 平民★→戦士★→ブリガンド★→グラップラー→ウォーマスター★→フォートレス
推奨スキル 斧術or格闘術、鬼神の一撃、切り返し、重さ-3
解説 斧術、格闘術、重装を上げ、ウォーマスターの「切り返し」を習得して、最終的にフォートレスに就くルート。格闘術C+「カウンター」と併せて、追撃されないユニットにできる

フェリクス

成長率が優秀で、物理系兵種なら何をやっても活躍できるユニットです。指揮は苦手なので、騎士団は「ジェラルト傭兵団」がいいでしょう。

「警戒姿勢+」で回避特化のソードマスター、「ハンターボレー」で活躍が約束されているスナイパー、必殺特化でHPが高い魔獣に強いウォーマスターが候補です。迷ったらスナイパーがオススメ。弓兵は2人以上いると便利ですし、力の高い弓兵は使いやすいです。

ソードマスター

育成ルート 貴族★→剣士★→盗賊★→ソードマスター
推奨スキル 剣術、盗む、剣回避+20、警戒姿勢+
解説 飛行A+「警戒姿勢+」、踊り子「剣回避+20」を習得してソードマスターを目指すルート。「盗む」役もこなせる。ソードマスターは成長率が高いのもメリット。アタッカーとしては後述のウォーマスターに劣りやすいので、主な役割は回避盾

スナイパー

育成ルート 貴族★→剣士★→アーチャー★→スナイパー
推奨スキル 弓術、弓必殺+10、最大HP+5、速さ+2、命中+20
解説 力・技・速さが伸びるので、弓兵にすると非常に使いやすい。ルナティックの攻速が異常に高いユニットにも「ハンターボレー」で2回攻撃できる

ウォーマスター

育成ルート 貴族★→剣士★→ブリガンド★→グラップラー★→ウォーマスター
推奨スキル 格闘術、格闘必殺+10、鬼神の一撃、切り返し
解説 ブリガンド「鬼神の一撃」を習得してウォーマスターを目指すルート。「キラーナックル+」「必殺の指輪」などで必殺に特化する。ルナティックの異常なHPの魔獣もワンパンできる火力が魅力的

アッシュ

技・速さ以外の成長率は低めなので、得意の弓術を活かし、スナイパーで「ハンターボレー」を連打するのがセオリーです。斧術も得意なので、低めの力を「鬼神の一撃」で補えるのが強み。成長率はともかく、得意技能には恵まれているユニットです。

スナイパー

育成ルート 平民★→戦士★→アーチャー★→ブリガンド★→スナイパー
推奨スキル 弓術、弓必殺+10、命中+20、鬼神の一撃
解説 スナイパーに就いて「ハンターボレー」を連打するルート。斧術も得意なので、ブリガンドの「鬼神の一撃」を習得して低めの力を補う。飛行を伸ばしてドラゴンに乗れるようにしておくと、個人スキルを活かしやすい

シルヴァン

騎馬兵種に向いていますが、本作の騎馬兵種は速さの成長率にマイナス補正がかかるので、騎馬兵種は避けるのがセオリーです。斧術が得意なので「鬼神の一撃」を習得して、ドラゴンに乗るのがオススメです。技が伸びにくいので「命中の指輪」を持たせましょう。

ドラゴンマスター

育成ルート 貴族★→兵士★→ブリガンド★→ドラゴンナイト★→ドラゴンマスター
推奨スキル 槍術、斧術、鬼神の一撃、守備封じ
解説 騎馬兵種を避け、強スキルの「鬼神の一撃」を習得してドラゴンマスターを目指すルート。兵種スキル「斧の達人」が乗る斧はもちろん、槍術A「連撃」が強力なので、槍と斧を併用するのがオススメ

パラディン

育成ルート 貴族★→兵士★→ブリガンド★→ソシアルナイト→パラディン
推奨スキル 槍術、斧術、鬼神の一撃、守備封じ
解説 速さの成長率に目をつぶり、騎馬兵種になるルート。斧術が得意なので、ブリガンド「鬼神の一撃」は習得する。速さは槍術A「連撃」で補えるので、「連撃」の習得を優先する

メルセデス

「リブロー」「レスト」「リザーブ」と、回復に特化した魔法を習得します。理学、信仰が得意な女性なので、迷わずグレモリィを目指しましょう。基本的に回復役ですが、メイジの「魔神の一撃」を習得すれば、攻撃魔法のダメージにも期待できるようになります。

グレモリィ

育成ルート 貴族★→修道士★→メイジ★→ビショップ→グレモリィ
推奨スキル 理学、黒魔法射程+1、魔神の一撃、最大HP+5、魔力+2
解説 メイジを経由して「魔神の一撃」を習得し、最終的にグレモリィを目指すルート。攻撃魔法のダメージにも期待できる。

アネット

速さが伸びにくいのが難点ですが、重装兵種に対しては追撃できるので、最低限の仕事はできます。個人スキルによる「力の応援」、指揮C「速さの応援」が有用です。得意な指揮はAまで上げて「マクイル破邪隊」を配備しましょう。

グレモリィ

育成ルート 貴族★→修道士★→メイジ★→ウォーロック→グレモリィ
推奨スキル 理学、黒魔法射程+1、魔神の一撃、速さの応援
解説 メイジ「魔神の一撃」を習得して、最終的にグレモリィを目指すルート。ダークナイトとは違い、速さの成長率にマイナス補正がないのはメリット

ダークナイト

育成ルート 貴族★→修道士★→メイジ★→ウォーロック→ダークナイト
推奨スキル 最大HP+5、魔力+2、魔神の一撃
解説 メイジ「魔神の一撃」を習得して、最終的にダークナイトを目指すルート。信仰D「ライブ」は習得させる。「応援」後に危険範囲外に移動できる「再移動」は相性がいい。兵種スキル「黒魔法の達人」があるのも魅力

イングリット

ペガサスナイト、ファルコンナイトに最も向いているユニットです。序盤の飛行兵種はペガサスナイトだけなので、迷わずペガサスナイトになりましょう。

力と魔力の成長率が同じなので、魔法武器と相性がいいです。入手しやすい「サンダーソード」はオススメ。相手によって使い分けることで、力の低さを補うことができます。

ペガサスナイトからファルコンナイトになるまでの期間が鬼門。他のユニットが上級職になる中、「槍の達人」のないペガサスナイトのままだと火力不足を顕著に感じます。成長率が高く、技能レベルが無駄にならないソードマスターがオススメです。が、試験技能が剣術A以上と合格のハードルが高いのが難点です。

ファルコンナイト

育成ルート 貴族★→兵士★→ペガサスナイト★→ソードマスター→ファルコンナイト
推奨スキル 剣術、槍術、飛燕の一撃、警戒姿勢+
解説 ファルコンナイトを目指すルート。ペガサスナイトからファルコンナイトになるまでの期間は、成長率が高く「剣の達人」を持つソードマスターで過ごす。他に飛行ユニットがいなければ、ペガサスナイトのままでも問題ない

役割別オススメのユニット

踊り子

踊り子として運用するなら、フレンがオススメです。サブの回復役として十分な魔法を習得します。習得するユニットが少ない「レスキュー」を使えるのもメリットです。

回避盾

踊り子の「剣回避+20」を活かして回避盾として運用するなら、ディミトリ、フェリクス、イングリットがオススメです。

回避盾の適性比較

ユニット メリット デメリット
ディミトリ 第二部の個人スキルで回避+20。力・速さ・魅力が高く、剣術・指揮が得意。「怒りの陣」「待ち伏せの陣」で地雷適性もある 専用武器は槍。「剣回避+20」と相性が良くない。第二部の序盤から中盤まで、指導による育成ができない
フェリクス 力・速さが高く、剣術が得意 魅力が低く、計略を当てられやすい。指揮が苦手なので、強力な騎士団を配備しにくい
イングリット 速さ・魅力が高く、剣術・飛行が得意。得意技能だけでファルコンナイトになることができ、育成が簡単 力が低い

フェリクスのデメリットはお茶会で、イングリットのデメリットはアンゼリカ栽培ループの「岩ゴボウ」でカバーできます。

関連記事
【FE風花雪月】回避特化ユニット「回避盾」の育成・運用法

スカウト推奨ユニット

ローレンツ

外伝の報酬「テュルソスの杖」が目当て。アネットもメルセデスも射程1~3の魔法を習得しないので、「カドゥケウスの杖」に加えて「テュルソスの杖」もあると便利です。

カスパル

第二部のメルセデス・カスパルの外伝をクリアしておくと、EP.20「メリセウス攻防戦」クリア後に、死神騎士の正体についてのイベントが追加されます。

シャミア

フェリクスを弓兵にしなかった場合の、2人目の弓兵として。アーチャー「命中+20」を習得したら、スナイパー「ハンターボレー」を連打するだけで活躍できます。

-FE風花雪月

© 2020 MARKLOG