FE風花雪月

【FE風花雪月】「金鹿の学級」オススメの育成方針 ルナティック編

『ファイアーエムブレム 風花雪月』の、オススメの育成方針を紹介します。難易度はルナティックに準拠。今回は「金鹿の学級」編です。

この記事の信憑性

この記事は、引き継ぎなし、追加コンテンツなしで全ルート「ルナティック」クリア済みのエムブレマーが書きました。

オススメの育成方針早見表

ユニット 育成方針
クロード アーチャー「命中+20」、ブリガンド「鬼神の一撃」、弓術A「囲いの矢」を習得して、固有兵種のドラゴンロード、バルバロッサになる
ローレンツ 信仰D「ライブ」、メイジ「魔神の一撃」を習得してダークナイトを目指す
ラファエル 指揮D「力の応援」、ブリガンド「鬼神の一撃」を習得してフォートレス、ウォーマスターを目指す
イグナーツ 指揮D「速さの応援」、アーチャー「命中+20」を習得してスナイパーを目指す
リシテア メイジ「魔神の一撃」を習得してグレモリィを目指す
マリアンヌ メイジ「魔神の一撃」を習得して、グレモリィを目指すか踊り子になる
ヒルダ 重装才能開花「速さ封じ」、ブリガンド「鬼神の一撃」、ペガサスナイト「飛燕の一撃」を習得してドラゴンマスターを目指す
レオニー アーチャー「命中+20」、弓術A「近距離連射」を習得して、ファルコンナイトで回避盾を目指す

ルナティック定番の育成方針です。

ルナティックの難所、EP.13「夜明けの追討戦」を考慮すると、南西から出現するヒルダとレオニーを、両者とも飛行ユニットにする意味は大きいです。

ユニット別オススメ育成方針

「★」は兵種をマスターすることを表しています。

また、剣術S+などで習得する達人スキルは、技能経験値稼ぎを行わないと習得が難しいので、推奨スキルに含めていません。ただ、個人スキル「天才」を持つリシテアだけは、稼ぎを行わなくても技能レベルS+が現実的なので、達人スキルを推奨スキルに含めています。

クロード

専用武器が弓なので、弓術を伸ばすのがセオリーです。ひとりで魔獣を足止めできる弓術A「囲いの矢」が非常に便利なので、弓術は優先して上げましょう。斧術が才能開花するので、ブリガンド「鬼神の一撃」を習得しやすいのも魅力です。

バルバロッサ

育成ルート 貴族★→戦士★→アーチャー★→ブリガンド★→スナイパー→ドラゴンロード→バルバロッサ
推奨スキル 弓術、弓必殺+10、命中+20、鬼神の一撃
解説 アーチャー「命中+20」、ブリガンド「鬼神の一撃」を習得して、固有兵種のドラゴンロード、バルバロッサになるルート。得意技能のみで強スキルを習得できるので、育てやすく、使いやすい

ローレンツ

力と魔力の成長率が同じなので、物理も魔法もいけるユニットです。とはいえ、クラス成長率や習得スキルの関係で、魔法を主力にしたほうが圧倒的に強いです。得意技能的にダークナイトに向いているので、メイジ「魔神の一撃」を習得して、ダークナイトを目指しましょう。

ダークナイト

育成ルート 貴族★→修道士★→メイジ★→ウォーロック→ダークナイト
推奨スキル 理学、魔神の一撃、黒魔法射程+1、移動+1
解説 メイジ「魔神の一撃」を習得してダークナイトを目指すルート。「魔神の一撃」習得後の槍術C+「氷槍」ソシアルナイトはかなり使いやすいが、最終的には魔法が主力になるので、成長率がかみ合わないのが難点

ラファエル

壁役向きですが、ルナティックでは使いどころを選ぶユニットです。回避盾を育成するまでの序盤や、ウォーマスター「切り返し」習得後は、とても頼りになります。それ以外の期間は、成長率が優秀なグラップラーで攻撃役か、副官にして育成しましょう。

序盤は指揮D「力の応援」が有用です。まずは、指揮をDにするところから始めましょう。

ウォーマスター

育成ルート 平民★→戦士★→アーマーナイト★→ブリガンド★→グラップラー→ウォーマスター★
推奨スキル 格闘術、金剛の一撃、鬼神の一撃、切り返し、力の応援
解説 ブリガンド「鬼神の一撃」を習得してウォーマスターを目指すルート。まずは、指揮D「力の応援」を習得する。回避盾を育成するまでの序盤は、アーマーナイトで壁役になる

イグナーツ

個人スキルの命中+20は計略にも効果があります。ルナティック序盤ではとても頼りになります。指揮も得意ですが、魅力が伸びないので、動揺状態にするためだと割り切るか、「インデッハ剣戟隊」の「応撃の備え」など補助タイプの計略を使わせるといいでしょう。

高い技・幸運は「キラーボウ+」、個人スキルは「ロングボウ」、そこそこ伸びる魔力は「魔法の弓」と相性がいいです。「キラーボウ+」の「ハンターボレー」は主力になります。

「応援」によるバッファー、理学才能開花「力封じ」や戦技によるデバッファーなど、できることは多いです。ルナティック序盤の「速さの応援」は、特に役に立ちます。

きもい声は、第二部になると落ち着きます。

スナイパー

育成ルート 平民★→戦士★→アーチャー★→スナイパー
推奨スキル 弓術、弓必殺+10、命中+20、速さの応援
解説 アーチャー「命中+20」を習得してスナイパーを目指すルート。「ハンターボレー」で活躍が約束されている。まずは、指揮D「速さの応援」を習得する

踊り子

育成ルート 平民★→修道士★→メイジ★→踊り子
推奨スキル 剣術、剣必殺+10、剣回避+20、魔神の一撃、特別な踊り
解説 意外と相性がいい踊り子。「囲いの矢」を習得するわけでもないし、弓兵はクロードとレオニーもいるので、弓を置くデメリットはほとんどない。剣術が得意で、理学が才能開花するので、メイジ「魔神の一撃」を習得して「サンダーソード+」を持たせれば、サブの攻撃役としては十分。信仰C「リブロー」も習得する。魅力は低いので、踊り子「剣の舞」との相性は良くない

リシテア

理学・信仰・指揮が得意で、成長率は魔力・技・速さが伸びやすく、それ以外は伸びにくいという尖った成長率を持ちます。が、欲しい技能、能力が伸びるので、かなり使いやすいです。全然伸びない守備は、ウォーロックになると12に底上げされます。

習得魔法も非常に優秀。特に「ダークスパイクΤ」は死神騎士キラーとしてお世話になります。最終兵種はグレモリィがセオリー。ローレンツ外伝の報酬「テュルソスの杖」を持たせ、得意な指揮をAまで上げて「マクイル破邪隊」を配備しましょう。

グレモリィ

育成ルート 貴族★→修道士★→メイジ★→ウォーロック→グレモリィ
推奨スキル 理学、信仰、闇魔法の達人、闇魔法射程+1、魔神の一撃
解説 メイジ「魔神の一撃」を習得してグレモリィを目指す、女性魔道士の王道ルート。個人スキル「天才」のおかげで、スキルをいち早く習得できる。信仰C「エンジェル」を習得するので、スキル「信仰」を忘れずにセットする

マリアンヌ

金鹿の回復役です。得意技能的にはホーリーナイトに向いていますが、ダメージを与える白魔法は「リザイア」と信仰A「オーラ」のみ。白魔法の使用回数も増えないので、攻撃魔法の使用回数に不安が残ります。ホーリーナイトのメリットは「再移動」くらい。小さくないメリットですが、素直にグレモリィを目指すか、踊り子になるのがオススメです。

信仰B「サイレス」による搦め手が可能。ルナティックだと、それなりにお世話になる魔法です。また、ペガサスナイトの適性があるので、副官で一気に育成して「飛燕の一撃」を習得すれば、魔法攻撃に磨きがかかります。フレンにも同じことがいえます。

グレモリィ

育成ルート 貴族★→修道士★→メイジ★→ビショップ→グレモリィ
推奨スキル 理学、黒魔法射程+1、魔神の一撃
解説 メイジ「魔神の一撃」を習得してグレモリィを目指す無難なルート。ペガサスナイト「飛燕の一撃」を習得すれば、さらに攻撃的になる。が、メインの役割は回復。「飛燕の一撃」がなくても十分活躍できる

踊り子

育成ルート 貴族★→修道士★→メイジ★→踊り子
推奨スキル 剣術、理学、黒魔法射程+1、魔神の一撃、特別な踊り
解説 「サンダーソード+」で高い魔力、得意な剣術を活かせる。とはいえ、実際には踊ってばかりで、剣を振ることはほとんどない(実体験)

ヒルダ

女性のヒルダはウォーマスターになれないので、ドラゴンに乗るのがオススメです。重装才能開花「速さ封じ」、ドラゴンナイト「守備封じ」でデバッファーとして活躍します。低めの技は「命中の指輪」「鉄の斧+」でカバーしましょう。

級長たちに次ぐ高い魅力による計略は命中率が高く、ルナティック序盤の苦しい時期を助けてくれます。反面、指揮は苦手。飛行ユニットは指揮D以上でないと騎士団がないので、指揮Dまでは気合いで上げましょう。できれば指揮Cまで上げて「不死隊」を配備したいところです。

ドラゴンマスター

育成ルート 貴族★→戦士★→ブリガンド★→ペガサスナイト★→ドラゴンナイト★→ドラゴンマスター
推奨スキル 斧術、鬼神の一撃、飛燕の一撃、守備封じ、速さ封じ
解説 ブリガンド「鬼神の一撃」を習得してドラゴンマスターを目指す王道ルート。女性ドラマスルートは、育成の過程でペガサスナイト「飛燕の一撃」を習得できるのが強み

レオニー

ボウナイトを目指せと言わんばかりの得意技能ですが、騎馬ユニットは速さの成長率が下がりますし、弓兵はクロードとイグナーツがいるので、レオニーはファルコンナイトで回避盾を目指すのがオススメです。弓術C「近距離反撃」で、遠近両用の回避盾になれます。

どの兵種でも弓術A「近距離連射」には手放し難い強さがあるので、弓は置かないようにしましょう。反撃される前に倒し切れる戦技は強いです。

ファルコンナイト

育成ルート 平民★→兵士★→アーチャー★→ペガサスナイト→ファルコンナイト
推奨スキル 槍術、弓術、命中+20、近距離反撃、警戒姿勢+
解説 アーチャー「命中+20」を習得して、ファルコンナイトで回避盾を目指すルート。「近距離反撃」をセットすれば、遠近両用の回避盾になる

役割別オススメのユニット

踊り子

ユニット 育成方針
フレン 既存の戦力を損なわず、中途加入のフレンを育成する必要がないのがメリット。信仰B「レスキュー」、信仰A「リザーブ」と、後方での支援・回復役としては十分
マリアンヌ 剣術が得意。メイジ「魔神の一撃」を習得して「サンダーソード+」を持たせれば、連携役やサブの攻撃役としては十分。「リブロー」役の彼女が踊り子になると、回復の手数が減るのが難点
イグナーツ 剣術が得意。理学を才能開花させ、メイジ「魔神の一撃」を習得して「サンダーソード+」を持たせれば、連携役やサブの攻撃役としては十分。信仰C「リブロー」も習得する

迷ったらフレンがオススメです。イグナーツも意外とオススメ。

剣術が才能開花するリシテアを踊り子にしたこともありますが、攻撃してばかりで、踊り子にした意味はほとんどありませんでした。カワイイだけでした。

回避盾

ユニット 育成方針
レオニー 速さ成長率1位のレオニーは、回避盾の筆頭候補。弓術A「近距離連射」が強いので、弓術C「近距離反撃」で遠近両用の回避盾にするのがオススメ

「金鹿の学級」で回避盾に向いているのはレオニーくらいです。レオニーを回避盾にしたくないなら、イングリットをスカウトしましょう。スカウトしやすく、外伝で優秀な飛行の騎士団が手に入ります。

関連記事
【FE風花雪月】回避特化ユニット「回避盾」の育成・運用法

-FE風花雪月

© 2020 MARKLOG