本・アニメの感想

【ネタバレあり】『オーバーロード14 滅国の魔女』の感想

発売前から楽しみにしていた『オーバーロード14 滅国の魔女』を読み終えたので、感想を書きます。

あらすじで王国との戦争の話だと知ってから、すごく楽しみにしてたんですよね。

ネタバレがあるので、未読の方はご注意ください。

『オーバーロード14 滅国の魔女』のあらすじ

シリーズ累計800万部!

魔導国の馬車が王国の貴族に襲われた。
偶然か?謀略か?

いかなる理由であれ、王国が魔導国と正面を切って戦うことを選んだと
判断したナザリックは王国に宣戦布告。
カッツェ平野での大虐殺で未だ混迷を極める王国のさらなる窮地に
王子ザナックが、蒼の薔薇が、ブレインが、
背水の陣を承知で立ち上がる。

容赦なく遂行される殲滅作戦。
勝ち目のない戦いを強いられた王国に崩壊の足音が迫る。

14巻は王国との戦争編です。王国編も一段落します。

『オーバーロード14 滅国の魔女』の感想

今回もめちゃくちゃ面白かったです。

私はラナーが大好きなので、あらすじで王国との戦争の話だと知ってから、すごく楽しみにしてました。

期待通りラナーが大活躍。ラナー視点の節はドキドキしながら読んでました。

聖王国編と比べると冗長な描写も少なく、大満足の巻でした。

印象に残ったシーン

アルベドの宣戦布告

アルベドの宣戦布告はかっこよかったです。ランポッサⅢ世の命を懸けた謝罪もかっこよかったですが、それを突っぱねる彼女はとても魅力的な悪でした。

描写が少なかったのが残念。

アインズとザナックの対話

アインズとザナックの対話も好きです。ザナックがかっこよかったですね。

ザナックの最期はあっけないものでしたが、最期までかっこよかったですし、この巻は彼の描写が多かったので、少なからず感じるものがありました。

ブレインの最期

ブレインの最期はとても残念でした。魅力的なキャラだったからというだけではなく、シャルティア、ヤルダバオト、コキュートス、そしてアインズとの関連性に辿り着ける可能性があるキャラだったので、このまま退場させるのはもったいないと感じました。

彼をうまく使えば、もっと話が面白くなったと思うんですけどね。作者の手に余る存在だったんでしょうか。

そのことが気になってしまい、彼の描写がどれだけたくさんあっても、彼の最期に感じるものはありませんでした。この扱いは本当に残念。

コキュートスは相変わらずかっこよかったです。

ラナーの心理描写

最後に、ようやくラナーの心理描写がきましたね。彼女の心理描写はすごく新鮮で、すごく楽しめました。

欲求に素直で、明晰な頭脳をそれを満たすためだけに使う彼女は、ある意味とても人間臭く、とても魅力的に見えます。

彼女が望んでいたことは予想通りどころか、予想の一歩手前だったので、彼女のこれからの活躍に期待しています。

ナザリックの面々の例に漏れず、アインズを過大評価することになった彼女ですが、せっかくの部外者なので、他のNPCたち、特に同レベルの明晰な頭脳の2人とは違った付き合いをしてくれると面白くなりそうですね。

最後のラナーのイラストは最高でした。ほんと最高。

作者の雑感について

「小説家になろう」の活動報告で、14巻の作者の雑感が公開されています。

「蒼の薔薇」を殺せなくて悔しいだの、ラナーはクソだのと、相変わらずひどい表現。好きなキャラを作者にクソとか言われると、ファンとしてはかなしいんですけどね。

でも、作者の雑感でしか明かされない設定もあるので、読まないわけにはいきません。『オーバーロード』の欠点です。

『オーバーロード』は17巻で完結

作者の雑感によると、『オーバーロード』は17巻で完結するとのことです。あと3巻ですね。

残念がる声も多いですが、個人的には、伏線をしっかり回収すれば何巻で終わってもいいと思います。

ただ、伏線未回収だと、未完成のまま完結した駄作になっちゃうので、しっかりまとめてほしいですね。

電子書籍版の発売日について

14巻も電子書籍版の発売は1ヶ月遅れです。発売日は2020年4月12日です。

個人的には電子書籍で集めたいんですが、発売が遅いので紙書籍で買ってます。私は九州に住んでいるので、発売日に手に取れないのが難点ですね。14巻も、手に取ったのは発売日の2日後でした。

電子書籍を読むなら「ebookjapan」がおすすめです。割引クーポンが頻繁に貰えます。

\ 公式サイトはこちら /

ebookjapan

-本・アニメの感想

© 2020 MARKLOG