本・アニメの感想

【ネタバレなし】小説版『転スラ』第17巻の感想

『転生したらスライムだった件』第17巻を読んだので、感想を書きます。

第17巻は短編集です。とはいえ、楽しみにしてたんですよね~。

総評

点数をつけるなら60点くらいかな。前巻同様、面白さは控えめです。

短編集はいいと思うんですけどね。本編はどうしてもリムル視点で進むことが多くなるので、他のキャラクター視点で書かれる話は大好物です。

が、内容はいまいち……。「これ、要る?」という話が多かったので、控えめな評価になりました。

イラストは相変わらず。漫画版に期待しましょう。

各話の感想

第一話 ミョルマイル編

ミョルマイルは割と好きなキャラなんですが、話は微妙……というか、正直おもしろくありませんでした。

ストーリーには何の捻りもなく、キャラクターの成長が描かれるわけでもない、何が書きたいのかわからない話でした。

第二話 ヴェルグリンド編

ヴェルグリンド編は完全に別の世界の話なので、感情移入が難しかった……。

どんな展開になっても「でも、本編には関係ないんでしょ?」という考えが頭から離れず、最後まで楽しめることはありませんでした。

前巻もそうでしたが、時系列的に終わった話ってドキドキしませんしね。

第三話 カリギュリオ編

カリギュリオ編は普通に面白かったです。人気キャラの話ではないので、あまり人気ではないかもしれませんが、いちばん話がしっかりしていたと思います。

第四話 レイン編

レイン編はギャグパートみたいなものなので、とても楽しめました。

登場してから長いのに影が薄かったので、今回、彼女の人となりが知られてよかったと思います。

特別収録 ベスター編

ベスター編もギャグパートですね。短かったけど、面白かったです。

おわりに

第15巻で帝国との戦争が一段落してから、面白くなくなっているのを感じます。やっぱり、すでに終わった過去の話って、ドキドキしなくて駄目ですね。

私はWeb版を読んでないので、今後の展開に期待しています。次巻も楽しみです。

\ 本編はこちら /

ebookjapan

-本・アニメの感想

© 2020 MARKLOG